米国→ フィリピン→日本

アメリカ留学→フィリピン帯同→日本で卒業・就職

最近食べた美味しかったもの:今日のねこもよう

もう梅雨の季節に入りましたが、まだまだしっかり晴れの日が続いています。梅雨は無くなるのでしょうか....。

 

今日は、最近食べてとても美味しかったお菓子をご紹介できればと思います。

それが、こちらの「今日のねこもよう」。

chaleur-hojohigashiyama.com

 

今日のねこもよう

岩手県のお土産でいただきましたが、製造されているのは長野県のよう...?こちら、最初は、普通のクッキーかなっと思ったのですが、食感も含め、特別感が味わえるお菓子で、感動しました。

早速開封

パッケージがかなりデザイン性が高いなぁという印象を受けました。猫の耳まで出ていて、可愛い!猫好きとしては、たまりません!

可愛い..!!!!

うしろすがた..!

食べ方にもこだわりあり!

パッケージを開封すると、「割って食べてください」との表示が目に飛び込んできました。普通のクッキーだと思っていたので、割って、外側、猫部分だけを食べられるという二重の楽しみのようなものを感じました。

割り方まで書いてある!

全部で8つ!
割って食べる

上手く割れるかな...と若干心配ではあったものの、ポキポキ、サクサクと簡単に外枠を外すことができ、中のねこさんだけを取り出すことに成功しました。

割って.....

ねこさん!

食感は、思ったよりもサクサクしていて、これまで食べたクッキーの中でも結構軽めのクッキーだったなと思いました。食べていても口の中でベタつかないので、すごく良かったです。

食べ終わった今、もう一回購入しようか迷っているほど美味しいです....!

ぜひ機会があれば、購入されてみても良いかもしれません。

フィリピン旅行に行って感じたこと 2024

今回は、フィリピン旅行へ行った際、5年前に滞在していた時と比較して、色々と感じたことがあったので、ここに残してればいいかなと思い、書かせていただきます。

物価の上昇

5年前にフィリピンに滞在していた時は、物価が高いという風に感じたことはありませんでしたが、今回、ペソの表示が上がっているなということを感じました。5年前であれば、もう少し安かったです。あと2割は安かったのではないかと思います。

今回は、物価が上がっているなということを感じました。フードパンダやグラブイーツなどで注文することも多かったのですが、その際にもペソの値段が上がっているということを痛感しました。これ自体はとても良いことだと思っていますが、それに見合うだけの賃金アップも同時にされているのか気になるところではありました。

円安の影響

昨今まれに見る円安が続いており、現状が値段に反映されているということを痛感した旅行になりました。以前であれば、ペソの値段に2倍をかければ日本円というふうな認識だったものが、今回の旅行では、ペソの値段に3倍をかけなければ見合った金額にならないという事態になりました。これはとても感慨深いと同時に、実際に現地で身をもって体験したことで、今後の日本に対する危機感を感じたひと時でもありました。これも海外への旅行へ行かなければ実際に感じることのできなかった感情だと思います。世界の中での日本のプレゼンスが現状にあるということを改めて認識させられた旅行でした。

気温の上昇

今年は、稀にみる暑さであるとフィリピン人の友人からも聞かされてはいたのですが、実際に現地に行ってみると想像を超えた暑さでした。特にアスファルトやコンクリートで固められた場所の場合には、午後はとても出歩けるような状況にはありません。10分でも出歩いていたら皮膚がヒリヒリしてきて、体の中にまで熱が入っているのを感じることができるほどでした。このような状況で仕事をしている現地の人たちを考えると...非常に大変だなという風に思ったことでした...。

街の静かさ

マカティのエリアでは、5年前と変わらず喧騒が続いているように思いました。一方で、ボニファーシオエリアでは、もともと外国人が多かったということもあるのでしょうか、今回は特に静かだなという印象を受けました。何だか街全体が上品になったというか、落ち着いているという感じがありました。これ自体は、良い悪いではないと思うのですが、何かコロナの影響があったのかなという風に考えさせられました。また、5年前にあった飲食店の8割ぐらいが入れ替わっていたのも衝撃的でした。飲食店は、コロナの影響を大幅に受けてしまったのだなと感じた瞬間です。

全体的な感想

今はフィリピンに行くのにも、航空券の値段も上がっていますし、現地でもよりたくさんのお金を使わなければならなくなりました。そのこと自体を勉強できたのは、とても貴重な体験だったと思います。その一方、今後、どのようなパスを取っていけば良いのかということについて、いやがおうにも考えさせられる出来事にもなりました。フィリピンの今後の成長を楽しみに、これを機に、海外を定期的に訪れたいなと思いました。

フィリピン旅行にあると便利なもの!

最近は過ごしやすい季節になってきましたね....!昼間は、半袖半ズボン、夜も、半袖半ズボンで過ごせるような季節になってきました。とても嬉しいです。

今日は、ゴールデンウィークに旅行先のフィリピンで感じたフィリピン旅行にあると便利なものをご紹介できればと思います。

フィリピン旅行にあると便利なもの

海外旅行に行った経験がある方は、みなさんなんとなく思い当たる節があるかと思いますが....。日本での常識が通用しないのが、海外だと思っていて、そこがまた面白く、醍醐味でもあるのかなと感じています。今日は、特にフィリピンの旅行に際して、必要だと思ったもの、あったら良かったなと感じた小物の類を紹介していきます。これからフィリピンに旅行に行くよという方がいれば、是非参考になれば嬉しいです。

爪切り

意外と思われた方もいるかもしれませんが、海外旅行に必須なのではないかと思います。海外に行く際も、ハサミであったり、ナイフ等の類の持ち込みは禁止されています。そのため、ナイフの代わりとして爪切りを持って行きます。

海外のデパートで洋服を購入した時、タグがついていて、それが切り離せなかった時がありました。すぐに着たいという場合、爪切りがあればすぐにタグを外すことができます。また、海外の食品パッケージは、日本のように開けやすい形状ではないことがほとんどです(開け口が見当たらない笑)。そんな時、爪切りを少し差し込むと、パッケージが開封できたりということが多々ありました。なので、1つあればハサミの代わりとして代用できる時が必ずやってきます。もちろん爪切りにも使えます笑

日焼け止め

これは国に関わらず重要なものになるかもしれませんが...。フィリピンの日差しは特に強いです。特に、ゴールデンウィーク中の4月〜5月は、日差しが強すぎて、10分間外に出ているだけで、日差しが痛いと感じるぐらいでした。日本の4月や5月のものとは比べ物になりません。なので、日焼け止めは重要です。特に午後2時ぐらいに外出する予定がある人、ビーチに行く予定がある人にとっては必需品です。本当に命に関わるぐらいの暑さになっていますので、必ず携帯して行ってください。

日傘

日傘をさしているフィリピンの方はあまり見かけませんが、日傘も重要な持ち物になります。日傘があるのとないのとでは大違いだと感じました。もちろん、日傘が役に立たなくなるぐらい暑い国であることには間違いありませんが....少し緩和されるのではないかと思います。あまり日に焼けたくないという方は絶対に持って行った方が良いアイテムです。(街を歩いていても、大部分の人はさしていないですが。。。さしているのは1割くらいかな....)

サンダル

パンプスであっても、フィリピンでは足が蒸れてしまうことが多いです。長時間歩くのであれば、サンダルの方が良いと思います。特に、雨季の場合フィリピンでは雨が降る タイミングが全く予測できません。靴だったらすぐに濡れてしまって次の日に履くことはできませんが、サンダルであれば、すぐに乾きます。また、フィリピンの道は塗装されていないことがかなり多いです。不安定な場所であっても厚底のサンダルであればしっかりと地面に安定して歩くことができますので、サンダルはおすすめです。

予備の下着

フィリピンは思ったよりも暑いですので、予備の下着は用意しておくとよいです。宿泊日数分しか用意していないと、汗をかいた時に替えがありません。。。フィリピンは年中夏ですので、替えの下着を多めに良い持って行った方がほうが良いと思います。

サングラス

フィリピンの日差しはとても強いので、サングラスがあるととても便利です。正直なところ、サングラスなしでは少し大変かなという印象がありました。歩いていても、しっかりと先が見えない程に光が強いです。おしゃれという意味ではなく、しっかりと視野を確保するという意味でサングラスが重要になると思います。

お箸

割り箸などがあるととても便利です。フィリピンのスーパーマーケットでは、特にお箸など置いていませんのでお箸を使った料理が食べたいという時には、自前の割り箸などがあるととても便利だと思いました。最近充実しているフードパンダやグラブイーツを利用した場合はお箸はついてきますが、予備があることに越したことはないかなと思います。

持って行ったけど必要なかったもの

実際に持って行って特に必要ないなと感じたのは虫除けスプレーです。ボニファシオ&マカティエリアであれば、虫が出ることはあまりなく、刺されることもありませんでした。。。虫除けスプレーは持って行かなくて良かったなと思ったことでした。

今回は、フィリピンの4月〜5月の乾季に行ったのですが、蚊は出ず、とても良かったです。

夏休み等、これからフィリピンや旅行行かれる方、是非楽しんできてください!!

少しでも旅行の準備の際の参考になれば嬉しいです!

最近食べた美味しかったもの:Mary Grace Cafeのパンデサル

今日は、旅行先でお友達にもらったMary Grace Cafeのパンについて紹介できればと思います。フィリピンに滞在したことがある方であれば、おそらく知らない人はいないと言えるほど有名な、メアリーグレースカフェ。

どこに行っても店舗があり、なぜかいつも行列ができている人気店です。

www.marygracecafe.com

 

今回、フィリピンに滞在している間にフィリピンの友達と会う機会がありました。その時にお土産としていただき、とっても嬉しかったです。恥ずかしながら、今まで食べたことがなかったので、今回良い機会だと思い、しっかりと食べさせていただきました..!

フィリピンの代表的な味

今回いただいたのは、フィリピンのパンデサルという大人気なパンになります。この種類のパンは、どのお店に行ってもだいたい置かれていてフィリピン人が大好きな味の代表格です。正直なところ日本人の口に合うかどうかは微妙な部分があるのですが好きな方は好きなのではと思います。

ちなみに、Cookpadで作っている方もいらっしゃいました!

cookpad.com

アンデサルってどんな味

パンデサルはパンの上にチーズ砂糖がかかったパンになります。なので塩味と甘さのバランスが絶妙といったところです。もし塩味と一緒に甘さも感じられるおやつが欲しいという方がいれば、このパンデサルはとってもぴったりなのではないかと。

一方、私個人としては、塩辛さと甘さは、はっきりと分けたいタイプなので、とても美味しいと思いつつも私向きではないかもと思いました。また、チーズと砂糖という少し健康とはかけ離れているような組み合わせですので、おやつご褒美としていただくのが良いかもしれません。

メアリーグレイスカフェのパンデサル

パン自体が丁寧にフィルムの中に包まれていて、とっても上品な商品だと感じました。フィルムを開けると、チーズと砂糖でまぶされたパンが出てきます。

外観

裏面

開封....!

出てきた!

パンデサル特有の味を楽しむことができる、贅沢な時間をいただきました。1つ難点があるとすれば、フィルムを開けている途中で、砂糖とチーズの塊がポロポロと落ちてきてしまうということです.........。少しではなくかなり大量に落ちてしまうのでこれはどうにかならないのかなと思いました。

ホロホロ感が凄いです!

それでもフィリピンで大人気な商品です。是非フィリピンに行った際には試してみてください♡♡

フィリピンのSeda Hotelに滞在した

前回は、フィリピンのボニファシオエリアに位置するシャングリ ラホテルを取り上げました。今回はこの旅行の中で止まる機会があったもう一つのホテル、フィリピンのセダホテル(Seda Hotel)についてお話ししようと思います。というのも、ネット上の情報がかなり少なく、正確な情報がまだ出回っていないのではないかと思ったからです。

少し格安ではあるものの、フィリピンボニファシオエリアで上位に位置する四つ星ホテルです。ぜひこれから泊まる方の参考になればと思います。

Seda Hotel:セダホテル

フィリピンの各地にあるホテルグループで、4つ星ホテル...!

www.sedahotels.com

 

今回、受付でのチェックインはとてもスムーズで、スタッフの方の対応も、とても好感がもてました。ホテル自体は、この時は気づかなかったのですが、タワー1とタワー2の2つに分かれています(google mapにもこの情報ありませんでした...)。

ロビーから右手に行くと、タワー1のエレベーターがあります。ロビーから左手に行くと、タワー2のエレベーターに乗ることができます。私は、そのことに気づかずタワー1の部屋をアサインされたのですが、かなり古くて驚いてしまいました。googleのレビューも良かったので、何で何でと調べた結果わかったこと、詳細は以下に書きたいと思います。

タワー1のホテル 内装

最初に予約した部屋は、約9,000ペソのデラックスルームだったのですが、こちらはタワー1のみに位置するお部屋になります。ですので、もしタワー1でなく、タワー2に泊まりたい場合には他の部屋の種類を選択する必要があります。

タワー1はかなり古い印象を受けました。エレベーターは2台あり、階数は1階から14階まででした。かなり気になったのは、部屋のドアロックに隙間があるということ。。。その他にも、部屋の中の小物であったり、棚など全体的に傷が入っていたり、シミがついていたりしました。ドアロックに隙間があるのは、セキュリティ上かなりいただけない気分になりました(まぁでも、そういうこともありますよね...)。。。また、棚などが劣化しているせいか傷が目立っており、中には剥がれてしまっているような状態の部分も見受けられました。ベッドサイドの一部は、ケーブルが出てきてしまっているような感じもあり、かなり劣化が進んでいる様子でした。机もガタガタしていたので、何とか紙を挟んで安定させようとしましたが、うまくいかず。。。枕も虫食いなのか、穴が何個か空いており、何とも言えない気持ちになりました。

廊下

棚も少し傷が...

扉...

洗面台も少し劣化しているような...

 

シャワールーム



1日目はこの部屋で過ごしたのですが、とても連続して滞在できるような気分ではなく、本当に4つ星ホテルなのかなと感じたのが正直なところです。ホテルの詳細を色々と調べたところ、実はタワー1とタワーにの2つに分かれているということが分かりました。タワー1の方が古く、タワー2が最近できたようです。

その日のうちに、受付に電話をして、タワー2の方が新しいのかと聞くと、タワー2の方がかなり新しいと言っていたので、翌日から部屋を移動することにしました。ちなみに タワー2ですと階数は21階(21階はクラブラウンジ)まであります。またエレベーターも6基あるので、あまり待つ必要がありません。翌日に移動することを伝えて、この日はタワー1の部屋で一夜を過ごしました。

タワー2に移動

タワー2の部屋(エグゼクティブデラックス)に移動するにあたり、タワー1への宿泊分にプラスして少し支払いました。タワー2の方が少し価格設定が高めなのですが、フロントの方としっかりお話すれば、部屋の変更もスムーズに行えるかと思います。

タワー2は、エレベーターを含め設備がとてもしっかりしており、新しいなという印象を受けました。また部屋自体も、すっきりしていながらも新しい印象で、とても良かったです。もちろん、少し傷があったり、建て付けが良くなかったりというフィリピンあるあるな状況ではありましたが、新しいということで、かなり雰囲気も明るく、楽しく過ごすことができました。

何だか綺麗なインテリア!

モダン感が強い

朝食会場

どちらのタワーであっても、朝食会場でビュッフェをいただくことができました。朝ごはんは朝6時半から10時までです。内容も充実しており、サラダ、フルーツ、トースト、卵、ハム、その他いろいろなものが揃っていました。

朝食会場に入ると、スタッフの方が席を案内してくださるので、その席を確保し朝食を取りに行くというスタイルです。朝食会場を見る限りですと、欧米系の方、アフリカ系の方、中国系の方が多いなという印象でした。日本人の方も数人見かけました。

サラダ

Seda Hotel: セダホテルはおすすめできるか

正直なところ、セダホテルはタワー2を強くおすすめしたいと思います。今回泊まってみて、四つ星ホテルのはずなのにあれれと思って、色々調べて初めてわかったことが多くありました。Googleレビューの中で、低評価がついているものは、おそらくタワー1が中心なのではないかと思います。

セダホテルに泊まるのであれば、タワー2に泊まることを強くおすすめしたいと改めて思います。タワー1に泊まってしまうと、値段に見合ったサービスは受けられないのではないかと感じました。是非、少しだけ多く支払って、セダホテルの最新設備を堪能してみてください。

シャングリ ラ アット ザ フォート マニラ 滞在記②

ゴールデンウィークも終わり、少しづつ暑さも感じられるようになったこの頃です。半袖でいても過ごしやすいですね。嬉しいかぎりです。

前回は、シャングリ ラ アット ザ フォート マニラの部屋の内装を中心にお伝えしました。部屋の内装をお伝えすることはできたものの、まだまだ魅力が詰まったシャングリ ラホテルです。今日は、ホテルの朝食バイキングについてお伝えしたいと思います。

朝食バイキング

こちらの朝食バイキング、3000円程度で食べられるのでとってもお得かと。。。ただ、今回は支払いを行う代わりに、バウチャーを利用しました。

シャングリラ サークルに加入すると、朝食バイキングのバウチャーをもらうことができます。もちろん、フィリピン以外の国のシャングリラでも使うことができるのでとっても便利です!ぜひ、滞在検討している方は、使ってみてください。

朝食バイキングはどんな感じ

一言で言うととっても贅沢な体験ができたなという風に感じました!朝食の種類がかなり豊富です。サラダはもちろん、中華料理、フィリピン料理、タパスの類やフルーツデザートまで様々な種類が用意されていました。

朝食バイキング会場は1Fにあります
ドリンク

飲み物は、コーヒー、デトックスウォーターや、マンゴーとジンジャーのモーニングショット、その他もろもろジュースの類がアイスの上で冷やされていて、とてもスタイリッシュな眺めでした。またお持ち帰りをすることもできるようで、帰る時にコーヒーをオーダーしたのですが、カップに入れて手渡してくれました。

右手に見えるドリンクたち

お持ち帰りコーヒー 大きい..
パン

パンも様々な種類が置かれていました。クロワッサンから菓子パンまで、10種類以上はあったと思います。またパンに加えて、ケーキなどのペイストリーが置かれていました。一緒に置かれていたのは、ココナッツプティング、チアシード、ヨーグルトなど。日本の朝食バイキングでチアシードを見かけることがないので、朝食ビュッフェに含まれているのはとっても良いなと思いました。

*朝食の中で、ココナッツプティングが一番美味しかったです!

種類が豊富
中華(中国?)料理

中華系の料理のみのコーナーが特設されていたのは、とても良かったです。贅沢感を感じることができました。麺やお米を使った料理が多かったように思います。ラーメンであったり、東南アジアのヌードル系も常備されているように感じました。

フィリピン料理

フィリピン料理もしっかりとコーナーが設けられていて好印象でした。オクラ、ゴーヤ、その他魚の骨のせんべい...(?)のようなものやアドボなどかなり多く取り揃えている印象でした。

フィリピン料理コーナー
サラダとフルーツ

こちらもサラダもりだくさんでした。アーティチョーク、フルーツもコーナーが設けられておりとても種類が多かったです。

チーズハム

チーズやハムといったタパスの類がとても充実しているの特筆すべき点です。ハムも数種類、チーズも数種類、その他燻製の魚や、ドライフルーツ、ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツなどたくさんの種類のナッツが置かれていて、朝から贅沢感を感じることができました...!

豊富....

唯一の難点と感じたのは、コーヒーが少しぬるかったことです。日本で熱いコーヒーに慣れていたので、何だか少し物足りない印象を感じました。でも、スタッフの方が常に気を配ってくれていたので、快適に朝食を食べることができました。

スタッフの方は、頻繁にお皿を取り替えに来てくれたり、「大丈夫か」「料理の味はどうか?」など、かなりフレンドリーに対応してくれました。

全体として、贅沢な朝食バイキングを3000円で楽しむことができるのはとってもお得なのではないかと。かなりたくさん食べることができますし、種類も多めですので、一度食べると昼ご飯はいらないなという感じになりそうです。

その他の施設

その他にもプールであったり、子供用のプレイルーム、またレストランなどがたくさん入っており、見て回るだけでも飽きない施設の充実度が高いホテルだと改めて感じました。

プレイルーム(屋外)

レストラン Sambaの入口

Samba

外にも席が!

屋外プール

パビリオンルーム



番外編

ちょうど宿泊していた日時で防災訓練がありました。泊まった部屋には、防災訓練が行われるという連絡の紙が入っていたのですが、実際に音声を耳にすると結構びっくりしました。これは訓練ですというような前置きは全くなく、本番かのように感じた放送ではありましたが、、、でも勉強になりました。消防車も来ていました。

防災訓練です。。

 

とても充実した滞在となりました。実は、このあと、違うホテル(セダホテル)へ移動したのですが、そちらもかなり驚きの内容でしたので、この後続けていければと思います。

シャングリ ラ アット ザ フォート マニラ 滞在記①

次第に春から夏への移り変わりを感じるようになってきました。もう昼は半袖でも問題なく過ごせるようになり、なんだか寂しいような嬉しいような....

でも、まだまだ朝晩は上着が必要ですね!

今日は、先日フィリピンへ旅行へ行った際の情報を備忘録として残すことができればと思います。というのも、フィリピンは5年ぶりくらい(?)だったのですが、色々と変化を感じた旅になったからです。

物価の高騰に加え円安、また引き続き5年前から変わることのない渋滞や設備など....少しづつ、取り上げることができればと思います。今日は、フィリピンのシャングリ ラってどうなのという視点から、実際に泊まったお部屋の感想をと思います。

シャングリ ラ アット ザ フォート マニラ

今回の旅では、最初はシャングリ ラ アット ザ フォート マニラに滞在しました。フィリピンのニノイ・アキノ国際空港から車で20分くらいの場所にあります。位置しているのはフィリピンの中心地(ボニファシオエリア)で、現地で働いている外国人が多めのエリアです。治安も他の地域に比べてとても良い場所です。

こちらが、ウェブサイトになります。

www.shangri-la.com

ホテル周辺にはデパートや高級ブティック等、さまざまな施設があり、発展している地域ともいえます。夜に出歩く場合も、身の回りに気を配っていれば、危ないと感じる事はありません。

ホテルの宿泊客は、中国系、アラビア系、フィリピン系の方が多い印象でした。また、ホテルロビーは広々としており、圧巻でした。出口も複数ありますので、色々と探検してみると面白いかもしれません。ホテルの出入口では、例に漏れず、荷物検査がありますので、バッグ等開けて検査してもらう必要があります(外に出る時は必要ありません)。

エレベーターも綺麗

やはり、シャングリ ラ特有のエレベーター内装で、とても素敵でした。

階数は40階くらいまであり、とても背が高いです!フィリピンでこれだけの規模のホテルが存在するのだということで、胸が高鳴りました。

ちなみに、今回は14時頃にチェックインしたため、早めということもあり宿泊した階数は27階でした。

エレベータは全部で6台はありました。速度はかなり早く(東京よりも早いかも....)、そこまで待つ必要もなく快適でした。

今回泊まった部屋 Deluxe Room

今回は、デラックスルームに泊まりました。フィリピンのホテルという事で、大丈夫かなと少し心配していたのですが、内装もとても綺麗で、安心して泊まることができました。部屋の大きさは、45-47sqmと少し大きめです。

部屋の種類など知りたい方は、こちらからどうぞ。内装は、写真の通りでした。

ベットメイクもしっかりされています!

スッキリな内装

クッションがゴージャス...

デスクも趣があります

洗面台もシャングリ ラ!

可愛い洗面台の引き出し

歯ブラシ等アメニティも充実

ロクシタンの石鹸

シャンプー、ボディソープ、コンディショナー

ボディミルクもロクシタン

バスタブ

シャワー(座るところがあります)

おしゃれなトイレ

クローゼット?

景色素晴らしい!

内装はとても素敵でしたが、やはり少し古いかなという印象はありました。あとは、お風呂とシャワーが別々にあるのは良いですが、バスタブからシャワーへ移動するのに、水浸しになってしまうのはちょっとなぁと思った事でした。

トイレの水圧は、強い方ではないかと思います(シャワーの水圧は弱めです笑)。あとは、トイレットペーパーが厚みがある代わりに長さはそれほどないので、2ロール+予備1ロールだと1泊でなくなってしまいました。。。

全体としては、とても素晴らしいと思います。フィリピンでこのレベルのホテルに泊まれる事はなかなかないので、ありがたいなと思いました。

ちなみに、久しぶりのフィリピンだったため、水を飲んではいけない事をうっかり忘れそうに....。現地に慣れるまでは、シャワーの間は口を閉じておくのが良さそうです。

水は無料(1人1本)

お水は1リットル分のボトルが置かれていました。現地に到着してから、そのままスーパーに買いに行くのは少し大変だったので、とってもありがたかったです。

かわいい小物とお水

食器おしゃれ...

お茶(1人分)

ちなみに、冷蔵庫の中には何もなく、よくあるようなお酒やナッツ等は入っていませんでした。お茶やコーヒーの類は置いてありますので、楽しむことができますよ。

コーヒー(1人分)

ステビアがあるのいいです!
テレビ

設置されているテレビでは、かなり色々なチャンネルが放送されていました。日本では見ることのできないチャンネルも多く、とっても嬉しかったです!45も見れるので、本当に見放題といった感じでした。

特に嬉しかったのは、NHK Worldに加え、各国のニュース番組が見られた事です。イギリス、フランス、サウジアラビア、中国、フィリピンなど色々な国の視点を垣間見ることができて、とても勉強になりました(日本でもいつかこんなにたくさんチャンネルができたらいいのに....)。

あとは、個人的に好きな料理番組等もあり、何日いても足りないという感じでした...

テレビ〜


スタッフさんの印象

とってもフィリピンらしく、優しい感じで良かったです。ただ、チェックインに10分程度時間がかかりました。他の人もそれくらいの時間を要していたので、フィリピンあるあるかなぁと思っています。

みなさん、何かと声をかけてくださって、フィリピンの優しさを垣間見る事ができて良かったです!

 

今回は、内装を中心に取り上げましたが、まだまだ書き足りず、次回朝食なども取り上げられればと思っています。

少しお高いホテルではありますが、日本に比べればまだまだこれから。フィリピンのボニファシオに行く事があれば、検討してみても良いのかなという風に思いました。